満足度を実感するためには、働き方が重要になる

転職を考える上で必要なことは、満足度の高い仕事を選ぶということです。そこで多くの人がどんな業務であれば、自分に適しているのかを必死で模索しているのではないでしょうか。けれども実は大事なことは、どんな仕事を探すのかではなく、どんな働き方をするのかということです。つまり満足感を得るのは職種ではなく、働き方にあるということになります。

その証拠に、世界の中でも日本は、仕事に対しての満足感は低いとされています。立派な会社は多く、社員の福利厚生を重視している企業も少なくありません。それでも、満足度が低いという結果が出るということは、働き方に課題があるということにつながります。海外では休日も多く、プライベートが充実しているという特徴があります。対して日本では、いかに充実した仕事ができるかを重視しています。もちろん休日が多いだけでは、必要な利益を出すことはできません。海外企業に休日が多いのは、業務効率の高さが関係しています。しかし、日本のホワイトカラーの業務効率の悪さは、世界的に有名です。つまり、いかに業務の効率を高めるかが、満足度を高めるコツと言えるのでえはないでしょうか。

そこで、業務の効率化を上げる取り組みができる会社を探すということが転職でのポイントになります。あとは人それぞれが業務に打ち込める状況を作り、仕事の効率を上げる工夫をすれば、メリハリのある働き方ができるはずですし、その結果、プライベートも充実した満足度の高い生活を得ることが可能となるのです。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です