自己分析をして、自分に合った仕事を探そう!

仕事に対する満足度を上げるために、転職という道を選択するのであれば、まずはしっかりと自己分析することから始めるべきです。今までの自分は、職業人としてどうであったのか、組織人としての適性、対人関係を築くことに向いているか否か、経済的成功を目指すのか、或いは社会との接点を持つことを重視するのかなどなど。職業人として、自分がやりがいを感じられるのはどういう環境であるのかを見極めることが必要です。そのためには、今まで自分がやってきた業務の、やりがいを感じたり満足感を覚えた体験、失望したり不満を感じたことなどを紙に書き出してみたり、仕事として取り組めそうな事柄にチェックを入れてみましょう。職業適性が見えてくれば、組織人や社会人として、自分がどの位置にいるべきかわかってくるのではないでしょうか。

また、何より高給を望むのか、もっと大きな組織で采配を振りたいのか、自分の成果がより可視化された仕事が良いのか、人に喜ばれることにやりがいを感じるのかといったことも併せてピックアップしていくと、自分という人間を動かす原動力の部分が認識できるかもしれません。いわゆる「自分らしさ」と呼ばれるものことで、ここを抑えておくと満足のいく仕事探しに役立つはずです。

働く理由は人それぞれですが、仕事を長く続けるためには、ある程度のやりがいや満足度を得ることが必要です。上記のような自己分析をもとに、自分に適した職業や働く環境を探すと、転職を成功させられるのではないでしょうか。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です